サイト作成

【カンタン10分】エックスサーバー【WordPressクイックスタート】料金やブログ開設方法

悩むひと
悩むひと

WordPressでブログを作りたいけど、作り方が分からない…

こんにちは、ユーズ(@yuzurublog)です!

ブログで毎月300万PV以上かつ毎月安定して100万円以上を稼いでいます♪

そんな僕がオススメする最もカンタンなブログの始め方が、Xサーバーの「WordPressクイックスタート」です!

ユーズ
ユーズ
画像付きで分かりやすく解説するので、こちらのページを読みながら同時進行で設定をしてしまえばOKです!
この記事で分かること
  • 誰でも簡単にWordPressブログをゼロから開設する方法
  • サーバー契約やドメイン契約など面倒ごとをすっ飛ばして超絶簡単にサイトを開設する方法

WordPressのサイトを最初から立ち上げるのって、正直メンドウですよね…><

ただ「Xサーバー」の「クイックスタート機能」を使えば、PC初心者さんでも、だれでも簡単に10分でサイトを作ることができるんです!

ちなみにXサーバーの一番安いX10プランの場合は料金はこちら⇩

※個人ブロガーの場合はX10プランで十分

初期費用(税抜) 月額(税抜) 合計(税抜)
3ヶ月 3000円 1200円×3 6600円
6ヶ月 3000円 1100円×6 9600円
1年 3000円 1000円×12 15000円
2年 3000円 950円1×24 25800円

またドメイン永久無料(年間1000円前後)&初期費用無料(通常3000円)の期間限定企画などもやっていることが多いです!

エックスサーバーキャンペーン

https://www.xserver.ne.jp/

ユーズ
ユーズ
こちらの記事を読めば、面倒な設定は一切せずに、今すぐカンタンに自分だけのサイトを作ることができますよ。

それでは、本文を見ていきましょう!

①サーバーとドメインの契約&WordPress開設

WordPressでサイトを立ち上げるためには、「レンタルサーバー」と「ドメイン」の設定が必要です。

そこで、今回はXサーバーの「クイックスタート機能」を使って設定をしていきます!

1.Xサーバーのトップページにアクセス

自分で簡単にWordPressサイトを開設する方法

「申し込み」「お申し込みはこちら」「詳細はこちら」などのXサーバーの申し込みボタンをクリックしましょう。

※キャンペーン期間によって、ボタンの名称やデザインが異なる場合があります。

その後ログインページに移るので、左側の「初めてご利用のお客様」の「10日間無料お試し 新規申し込み」というボタンをクリックします。

自分で簡単にWordPressサイトを開設する方法

2.「WordPressクイックスタート」にチェックを入れる

表示された項目を順に入力していきましょう。

まず最初に、以下のように設定します。

自分で簡単にWordPressサイトを開設する方法
入力する項目
  • 「サーバーID」▶︎初期状態のままでOK
  • 「プラン」▶︎初期状態のままでOK(スタンダード)
  • 「WordPressクイックスタート」▶︎「✔️」を入れる

「WordPressクイックスタート」とは、

「WordPress新規設置」
「独自SSL自動設定」
「ドメイン取得・設定」

これらのちょっと面倒な設定を、Xサーバーに一括してお任せできますよ〜!という機能のことです。

ユーズ
ユーズ
本来ならWordPressの新規設置やSSL化、ドメイン取得というのは、一つずつ自分で設定していくことが必要なんですよ。

そのため、あなたが「サイトを作るのが難しそう…」と思っている初心者さんなら、迷わず「WordPressクイックスタート」に✔️を入れておきましょう!

ただこの項目に✔️を入れると、以下のような注意書きが表示されます。

自分で簡単にWordPressサイトを開設する方法
  • 10日間無料のお試し期間がない。
  • 申し込みと同時にサーバー料金の支払いが発生する。
  • 支払いは今後自動的に更新されていく。

一見不安な注意事項に思えるかもですが、「ブログをこれから始めたい!」と思っている初心者さんにはあまり影響がないものですので、気にしなくてOKです。

ユーズ
ユーズ
Xサーバーは国内シェアNo. 1のサービス!
無料お試し期間中に何かトラブルに遭遇する…という不安はほぼないので、安心してこのまま進めていきましょう!

3.申し込みフォームで必要事項を順に入力していく

「WordPressクイックスタート」に✔️を入れたあとは、必要事項を上から順に入力していきましょう。

入力する項目
  • 「サーバーの契約期間」▶︎「6ヶ月」や「12ヶ月」推奨
  • 「取得ドメイン名」▶︎サイトの住所となる情報。末尾は「.com」推奨
  • 「ブログ名」▶︎サイトのタイトル。後から変更可能
  • 「ユーザー名」▶︎自分のサイトにログインする時に使うユーザー名
  • 「パスワード」▶︎自分のサイトにログインする時に使うパスワード
  • 「メールアドレス」▶︎XサーバーやWordPressに関する情報を受信する用のメールアドレス

基本的には、それぞれ自分の好きなように設定していけばOK!

ただ少し注意しなきゃいけないこともあるので、一つずつ詳しく解説していきますね。

「サーバーの契約期間」

自分で簡単にWordPressサイトを開設する方法「サーバーの契約期間」は、長い期間を選ぶほど料金がよりお得になっていきます。

Xサーバーで選べる契約期間
  • 12ヶ月
  • 3ヶ月
  • 6ヶ月
  • 24ヶ月
  • 36ヶ月

ただ最長の36ヶ月というと3年間。ちょっと長すぎるので、ここは無難に「12ヶ月」「6ヶ月」でOKです!

ユーズ
ユーズ
僕はだいたいいつも「12ヶ月」で契約してます!

「取得ドメイン名」

自分で簡単にWordPressサイトを開設する方法「ドメイン」とは、サイトのURLの一番右端の部分。

当サイトのURL「https://yuzu-affiliate.com/」の「yuzu-affiliate.com」の部分のことです。

「yuzu-affiliate」「.com」は、それぞれ一般的に以下のように呼ばれています。

ドメイン名の各名称
  • 「yuzu-affiliate」▶︎セカンドレベルドメイン(右から2番目の文字列)
  • 「.com」▶︎トップレベルドメイン(一番末尾の文字列)

そしてXサーバーでの「取得ドメイン名」では、「セカンドレベルドメイン」「トップレベルドメイン」の2つの部分をどうするか?を決めていくのですが…

それぞれのドメインは、以下の考え方に沿って決めていきましょう。

「セカンドレベルドメイン」の決め方

「セカンドレベルドメイン」は、以下の条件を満たした名前であればOKです。

セカンドレベルドメイン(例:yuzu-affiliate)
  • 半角英数で2〜3単語以内
  • シンプルで分かりやすいもの
  • 大手企業のサイト名や商品名と同じor似通った名前はNG

セカンドレベルドメインでは、簡潔に・分かりやすくがベスト!

なおかつ「サイトに投稿する記事のジャンルとあまりにも一致しない名前」は、読者から違和感を覚えられ、アクセス減にもつながりかねません。

更には、企業のサイト名や商品名をドメイン名に含ませてしまうと、企業からの信用を失い、大きなトラブルに巻き込まれてしまう可能性もあります。

Yahoo/Google/Hulu/U-NEXT/Paravi/FOD…

などなど、会社名や商品名をドメインに入れるのは×。

ですので、セカンドレベルドメインを決める際には、実際にGoogleやYahooなどでドメイン名を検索してみて、すでに商品として販売されていたり法人名に起用されていたりしていないかを事前にチェックしておくのがオススメです!

ユーズ
ユーズ
実際にドメイン名を検索してみて、同じ商品名やサイト名が出てきたら、そのドメインを使うのは避けましょう!

「トップレベルドメイン」の決め方

「トップレベルドメイン」は、セカンド〜とは違い、考え方はかなりシンプル。

トップレベルドメイン(例:.com)
  • 「.com」推奨
  • それ以外のドメインは初心者のうちは選ばなくてOK
ユーズ
ユーズ
「トップレベルドメイン」については、基本的には何も考えずに有名な「.com」を選んでおけばOK!

「.com」よりも安い「.xyz」などでもOKなのですが、

  • yuzu-affiliate.xyz
  • yuzu-affiliate.com

こちらの2つをパッと見た時に「yuzu-affiliate.com」の方が信憑性があるというか、クリックしても安全そう…ですよね。

そのため、特別なこだわりがなければ「.com」でOKです。

ちなみに、トップレベルドメインごとに以下のような意味があります。

ドメイン 用途・特徴
.com 商用サービスや企業向け
.net ネットワークに関するサービス向け
.biz ビジネスや企業向け
.info 情報発信・口コミ向け
.org 組織や非営利団体向け
.site Webサイト全般に合う
.blog ブログを意味する
.cloud クラウドを意味する
.app アプリケーションやゲーム向け

こうして見ても「.com」が一番よく見るドメイン名で読者にも安心感を与えるので、ここは何も考えずに「.com」を選んでおくのがいいでしょう!

「ブログ名」

自分で簡単にWordPressサイトを開設する方法「ブログ名」は、以下の考え方に沿って名付けていきましょう。

「ブログ名」の付け方
  • ブログのテーマとかけ離れすぎた名前じゃなければOK
  • 自分のハンドルネームなどで身バレしないよう注意

「ドメイン名」については契約後の変更は出来ませんが、「ブログ名」については後で変更が可能です。

ユーズ
ユーズ
ここでビビッとくる名前が付けられなくてもOK!あとから変更できるので気楽につけていきましょう。

「ユーザー名」「パスワード」

「ユーザー名」「パスワード」は、自由に決めていきましょう。

のちに作成されるWordPressサイトへの「ログイン用ユーザーID」と「ログイン用パスワード」になります。

「メールアドレス」

「メールアドレス」は、プライベートで使用しているメールアドレスを入力するのはオススメしません。

これからブログ活動をしていく上で、あらゆるサイトからメールを受け取る機会が増えてくるためです。

そのため、こちらで設定するメールアドレスは「ブログ用のメールアドレス」にしましょう!

ブログ用のメールアドレスを持っていない方は、これを機にG-mailなどのフリーメールアドレスを取得するのがオススメです。

>>Gmailの作成はこちらから

ユーズ
ユーズ
ここまで入力したら、あとは「Xserverアカウントの登録へ進む」ボタンをクリックして次のページへ進みましょう!

4.Xserverアカウント情報の入力をする

次のページでは、XserverアカウントのIDやパスワード、クレジットカード情報などを入力していきます。

自分で簡単にWordPressサイトを開設する方法
入力する項目
  • 「メールアドレス」▶︎「ブログ用のメールアドレス」を入力
  • 「パスワード」▶︎自由に設定
  • 「登録区分」▶︎法人化していない場合は「個人」を入力
  • 「名前/郵便番号/住所/電話番号」▶︎ご自身の情報を入力
  • 「インフォメーションメールの配信」▶︎メールの管理が面倒な場合は✔️を外してOK
  • 「お支払い方法」▶︎クレジットカードorコンビニ・銀行の翌月後払いを選択
  • 「利用規約と個人情報の取り扱いについて」▶︎確認して✔️を入れる

項目を全て入力したあとは、最後に「次へ進む」をクリックします。

5.メールに届いた認証コードを確認して入力

「次へ進む」をクリックすると、先ほど入力したメールアドレスに「【Xserverアカウント】ご登録メールアドレス確認のご案内」という件名のメールが届きます。

自分で簡単にWordPressサイトを開設する方法【10分で完了】

そのメール内に記載されている認証コードをコピーし、先ほどの「Xserverレンタルサーバー申し込みフォーム」に戻り、認証コードを貼り付けましょう。

自分で簡単にWordPressサイトを開設する方法【10分で完了】 自分で簡単にWordPressサイトを開設する方法【10分で完了】

上記のような「お申し込みが完了しました」という画面に切り替われば、

  • Xサーバーとドメインの契約
  • WordPressの開設

これがすべて完了しました!

ユーズ
ユーズ
お疲れ様でしたー!!

6.サーバー・ドメイン・WordPressの開設完了!

ここまでの登録が全て終了したら、先ほど登録したメールアドレスに以下3つの件名のメールが届きますので、忘れずにチェックしておきましょう。

登録完了後に届くメール
  • 【Xserverドメイン】独自ドメイン永久無料特典取得完了のお知らせ
  • 【Xserverアカウント】ご利用料金お支払い確認のお知らせ
  • 【Xserverアカウント】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ

特に「【Xserverアカウント】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ」というメールには、

  • 登録したXサーバーアカウントへのログイン情報
  • 開設されたWordPressブログのログイン情報

などの大切な情報が含まれています。

自分で簡単にWordPressサイトを開設する方法【10分で完了】

お使いのアカウントにログインしたりサーバーの設定を変更したりする際に必ず必要になってくる情報ですので、大事に保管しておくようにしましょうね!

実際にWordPressにログインしてみよう!

ここまでの作業が完了したら、開設できた自分だけのWordPressサイトに実際にログインしてみましょう!

実際にWordPressサイトにログインできるのは1〜2時間後なので、少し時間を置いたらチェックするようにしてくださいね。

ということで、先ほど届いた「【Xserverアカウント】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ」というメールの中にある、

『◆「クイックスタート」機能で設置されたWordPressのログイン情報』

という項目を見てみましょう。

自分で簡単にWordPressサイトを開設する方法【10分で完了】そこに、

  • 管理画面URL 
  • ユーザー名
  • パスワード

という情報があるので、「管理画面URL」にアクセスします。

すると以下ようなWordPressへのログイン画面が表示されるので、そこに「ユーザー名」と「パスワード」を入力し、WordPressのサイトにログインしてみましょう!

自分で簡単にWordPressサイトを開設する方法【10分で完了】

※以下の画面が表示された場合は、1、2時間経過してから再度試してみてくださいね。

自分で簡単にWordPressサイトを開設する方法

無事ログインができたら、以下のような黒い画面が表示されます。

自分で簡単にWordPressサイトを開設する方法

こちらが、WordPressの管理画面。

実際にあなたが記事を投稿したり編集したり、サイトの見栄えを変更したりする画面です。

ちょっとだけデザインが異なっている部分があるかもですが、基本的には上記のようなモノクロの画面が管理画面と捉えていただいてOK!

ここまで表示されたら、ひとまず「サーバーとドメインの契約〜WordPressの開設」までがすべて終了しました!

ユーズ
ユーズ
ただこの状態では、今すぐに記事を書いてブログで稼ぐ、ということはまだできません…。

この後は、

  • テーマの設定
  • プラグインの設定
  • アナリティクスの設定
  • サーチコンソールの設定

などなど、本格的にブログで稼いでいくためにサイトをより強くカスタマイズしていく必要があるのです。

専門用語ばっかりでワカラナイ!となっていても、大丈夫!

ユーズ
ユーズ
次のステップでも1つずつ詳しく説明していくので、ゆっくり着実に進んでいきましょう。

ここまでひと段落したら、次のステップ↓に進んでくださいね。

>>STEP②記事を書く前に絶対にやるべきWordPressの初期設定はこちらから!